リリースノート


0.1.6 (2019年10月3日21:56)

・ganttはLINEアカウントとの連携を実装しました! これからはLINEアカウントを使ってログインすることもできます。

・タスクを複製した場合、開始/終了日時も複製されるようにしました。

・ガントチャート画面で、現在選択中の表示範囲のボタンが反転するようにしました。

0.1.5 (2019年10月3日3:05)

・タスクの詳細画面、タスクの一覧画面で、タスク詳細で改行が無視されて表示される不具合を修正しました。

・タスクの複製機能をリリースしました。タスクの詳細画面から、タスクの複製を選択することでタイトル、詳細を継承したタスクを作成することができます。

0.1.4 (2019年10月2日0:52)

・タスクの一覧画面から、タスクの着手状態を編集できるようにしました。ユーザーはいちいちタスクの詳細画面に遷移しなくても、これらの状態を変更することができます。

・試験的にお問合せフォームを追加しました。ナビゲーションバーの「ganttについて」>「お問い合わせ」からアクセスすることができます。ganttに関する要望、質問などがありましたらこちらから連絡してくださると助かります。

0.1.3 (2019年9月26日20:34)

・ログインをしている状態でブランドロゴをクリックしても、トップページに遷移しない不具合を修正しました。

0.1.2 (2019年9月25日20:04)

・ganttはタスクの再編集機能をリリースします。一度登録したタスクでも、タイトル、開始日、終了日、詳細などを変更することができます。スケジューリングを修正したいときや、詳細情報を追記したいときなどにご利用ください。

・ナビゲーションバーを見直しました。トップページは左上のブランドロゴからアクセスすることができます。「ganttについて」からリリースノートを表示できます。ログアウトをする場合は右上のプルダウンメニューから。

0.1.1 (2019年9月24日22:54)

・ganttはこの日リリースノートをリリースしました。今あなたが見ているこのページです! ここではganttの更新内容をユーザーに通知します。

0.1.0 (2019年9月24日9:00)

・ganttは、シンプルなガントチャートとタスク管理機能をユーザーに提供します。ガントチャートは日、週、月、年ベースで表示することができ、期間内に行うべきタスクをフォーカスしてみることができます。また、チャート上のタスクに触れると、タスクの詳細画面を表示することができ、タスクの状態を管理できます。タスクは、未着手、着手、中断、完了の4つの状態を持ちます。

・ガントチャートから、タスクの一覧画面へ遷移することができます。タスクの一覧画面では、登録しているタスクの一覧を管理することができます。ここではタスクの詳細を表示したり、不要になったタスクを削除することができます。

・TODOでは、ユーザーは簡単なTODOリストを管理することができます。TODOはタイトルと内容からなるシンプルなタスクです。ユーザーは自由にTODOを追加し、完了することができます。

・ganttでは、ユーザーはgithubやtwitterといったソーシャルアカウントを利用してログインすることができます。もちろん、パスワードさえ登録すれば、ログイン後に連携を解除することも可能です。

・ganttの提供するガントチャートでは、期限切れタスクをユーザーに通知する仕組みが整えられています。ログイン後、ページの右上に表示されるプルダウンリストからタスク通知設定を行えば、期限切れのタスクがある場合twitterのDMで通知します。この通知機能を利用するのにユーザーに求められることは2つだけです。すなわちタスク通知機能の利用設定と、ganttのtwitterアカウントをフォローすること。この2つです。